忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/09/22 06:06 |
スフィア開幕戦

有明は家から近いのでのんびりと出発したら、環七と湾岸の合流のところで大渋滞。葛西臨海公園の駐車場の待ち列が幹線道路にまではみ出てたのが原因の模様。そんな必死になっていくような公園かなぁ?、ってのは地元だからの感想なんだろうけれども。
こりゃ間に合わないかなとも思ったけど、そこさえ抜ければあとはすいすいだったので、オープニングセレモニー前には無事到着。

オープニングセレモニーでは50人ほどのちびっ子軍団によるチアリーディングが行われた。
大会を盛り上げるための努力をしようという意思が分かりやすく伝わってきた。よいことだと思う。前はこんな意思はほとんど感じられなかったから。もうちょっと年齢層が高い方が個人的には嬉しかったが、まぁそれは邪な気持ちを伴ったものなのでそれを考慮しろとは言わない。高い方がといっても中学生とか高校生くらいで十分・・・・本当に考慮しなくていいですよ。いやいや本当に。

開会式の最中にメールが2通届く。テレビ観戦組の友人からだ。『ど真ん中で抜かれてるよ』みたいなことが書いてある。にやけた顔をしていなかったかが心配である。

第1試合。チードリvsチャクチャク。
チャクは全然知らない人だらけ。だけど、古参のメンバーが基本主力として出場していたのが嬉しかった。やっぱり前から見てるとね。
影山ちゃんはいつのまにかフィクソになってるんね。で、前にフィクソやってた郡司がアラになってたりと、色々と忙しいチームだと改めて思う。そんなどたばたチームにもかかわらず、丸居沙矢香や郡司あやのはずいぶん上手くなってるように思ったし、見てて印象はよかった。
チードリは練習不足がありありではあったが、高本彩だけは結構きれてるように見えた。個人練習とかしてたんかな?ただ他のメンバーがいまひとつ。とくに絵里恵とか静香とかは全く動けてなかった。
結果1-0でチャクの勝ち。ゴールは丸居。チャクは結構チームとして力が上がってる感。ドリはみんなてんでバラバラ。
っつか、大会のルールとして1試合9人出さなくてはならないはずなのに、いきなり掟破りで7人のみ出場のチードリ。そしてお咎め無し。結構萎える。ちゃんとやろうよ・・・。

第2試合。カレッツァvsファンタ。
南まりかにくわえ、最初のお台場カップで大活躍だった吉本の斉藤陽子(橋爪ヨウコ)を加えるなど、情け容赦のない補強をしたカレッツァ。野田さん、それじゃガッタスもおたくとはやりたがらないんじゃ・・・。
まぁ南ちゃんは可愛いけどね。
そんなわけでまぁカレッツァだろうと思ってたんだけど、ふたを開ければファンタも大健闘。ファンタは本当に強くなってるんね。かりん頼みなのはまぁ変わってはないけれど、前は結構味方の攻撃の流れを止める役目だった葵ちゃんが、役に立つようになってたりした。びっくり。
んなわけで1-1のドロー。両チーム動きはよかったし、よいゲームだったと思います。
カレッツァの得点は蓮ちゃんのOGになるのかな?あれは仕方ないけども。ファンタはかりんのミドル。ゴールに入って跳ね返ってきた球をものすごい瞬発力でずどーんと再び打ち込んだ優衣が格好よかったので、優衣にも0.5点ほどあげたい。1.5対1でファンタの勝ち。
ちなみに橋爪は南まりかよりやや下かな?レベルという印象。ま、最初のお台場って上手い選手ほとんどいなかったしなぁ。

第3試合。ミスマガvsザナ。
スフィアリーグ悪の帝国といえばザナであるが、少しは改心した模様。AKBを入れてタレント力をアップし、そのタレントを接戦でもちゃんと全試合使っていた。えらい。まぁ改心するのが遅すぎた可能性もあるけれど。
一方スフィアリーグの良心といえばミスマガであるが、こちらはザナとは逆に経験者補強。でも、可愛いので問題なし。一応ミスマガ候補らしいし。
そんな対決はミスマガが結構善戦していたりして、見ていてかなり面白かった。伊勢や勝乘にボールが入ると少しわくわくする。ミスマガは今後が本当に楽しみ。あと、ゴレイロ中澤優子が結構よくやってた。もういっぱしのゴレイロですな。
溝口のパスミスを松本に決められて1-0のザナ。溝口のミスじゃ仕方が無い。

第4試合。南葛vsカレッツァ。
高橋陽一監督が選手交代を決めたりしてちゃんと指揮してる。もう置物じゃないんだね。感動。スフィアリーグ出世ストーリーの1つがここに。でも、監督に交代を指名された横山可奈子が『なんでわたし?』って感じできょとんとしてたりした。先生、事前の打ち合わせもしっかり!
南葛はチームとしてどこか変わったとかはないんだけど、でもここ最近のいい流れを引き継いでいるように感じた。個人的には阪本麻美ちゃんがいい。フットサル大好きオーラをスフィアで今一番放ってる娘だと思うんで、その贔屓目もあるんだろうけど。でも、よい動きをしてたと思う。
カレッツァはメンバー的に明らかに強いはずなのに、どうも攻めきれず。理由はよくわからん。パススピードなんかダントツで速いし、能力ではザナ以外には負けるはずのないチームに思えるんだけど。戦術とか采配なのかねぇ?でもコーチはとっかえひっかえしてるのになぁ・・・・。
結果は1-1のドロー。松原の渓ちゃんがゴールを決めると何だか嬉しくなります。

第5試合。ザナvsチードリ。
チードリちゃんは、一試合目に負けてることもあって、あまり覇気を感じない。練習してない、事務所がフットサルにあまり積極的でない、なんて情報が漏れ聞こえてきてるから余計にそういう目で見てしまうんだろうけど。でもそういうマイナスの要員がもろに選手にも伝わってる感じがしたし、それが結果に繋がったんだろうなぁと思う。
おそらく彩と麻未くらいしかもうこのチームには残らないんだろうな。そのためにPLIMEの5人をメンバーに新しく入れたんだろうし。
今思えば、お台場で初勝利とかいって喜んでいたときあたりが、ドリのフットサルに関しては一番楽しかった。みんな下手糞だけど、運動量だけはずば抜けていて、後半になるほどに強い。そんながむしゃらなチームは、例え負けてばかりでも、見ていて面白かった。
DRMは名前を変えてもdreamだと思うけど、TEAMdreamはもうすでにdreamではなくなっているのかもしれない。
結果は1-0でザナの勝ち。

第6試合。ファンタvs南葛。
勝ったほうが決勝進出。引き分けだとカレッツァ含めて全チームが並ぶ可能性もあるというまずは最初の大一番。
1-1の同点のまま、後半もほとんど終わりかけた頃、蓮ちゃんがコーナーからファーにふわっとあげた球を、かりんが胸で押し込んでゴール!そして直後にタイムアップという感動的な幕切れ。あれはドラマチックだった。ちょっと鳥肌たった。ファンタメンの喜びようも尋常じゃなく、スポーツだからこそ味わえる本当にいいシーンだったと思う。間違いなくこの日のベストゴール。試合自体も実力伯仲の本当にいい試合でした。
(余談)
他の試合をみてても思ったんだけど、スフィアって何故かコーナーがよく決まる。自分でフットサルやってる分にはコーナーってほとんど決まらないし、また、あまり決められないから不思議なんだけど。この試合もファンタはコーナーで阪本ちゃんをドフリーにして一発決められてるし、最後のかりんにも南葛のマークがついていなかった。なんでマークにつかないんだろ?
(余談終わり)
あと阪本ちゃんがゴールを決めると何だか嬉しくなります。
あーなんか南葛大好きみたいだな。けど、南葛とミスマガが強いとやっぱ盛り上がるよなと思った。今回の大会は、この2チームがどちらも予選落ちとはいえ実力が上がっている様を感じさせてくれたのが、見ていて楽しかった要因の1つだったと思う。
ま、そんなわけでグループBからはファンタが決勝進出。正直、絶対カレッツァだろうと思ってた。

第7試合。チャクvsミスマガ。
チャクが勝てば決勝もあるという試合。これもよい試合だった。
決勝がかかっているチャクに対して、それに負けないモチベーションで奮戦していたミスマガ。どちらもずば抜けて上手い選手というのはいないんだけど、(まぁ溝口は基本はそうなんだろうけど、でもこの日はそれほど調子よくなさげだったので)、それでも見ごたえのある試合を見せてくれた。チャクが先制するも(名前知らない娘)、ミスマガの新戦力杉田が同点ゴールを決め、1-1のドロー。
杉田のゴールは影山ちゃんのミスと言えなくもない感じではあって(まぁミスって程でもない微妙なものだったと思うけど)、それでチームメイトに謝ってる影山ちゃんがとても可愛かった。いや、可愛かったって書きたかっただけです。
で、グループAからはザナが決勝進出。これはまぁ順当。

ミニ運動会
変則リレー(ピンポン球をお玉に乗せて走る→スキップ→競歩→二人三脚)
まぁ、やってる選手達は楽しそうだったので別にこういうコーナーはあってもいいんじゃないですかね。
積極的に面白かったとか書く気はないけど。客はただボーっとみてるだけだし。結構置いてけぼりだし。
でも、ピンポン玉もって走る松原渓ちゃんが妙に楽しそうだったのでよしとします。
結果とかどうでもいい。

ミニ運動会2
借り物競争
借りるのは客席から。ってことですごく近くでタレントさんが見れるし、場合によっては指紋がついて貸した物が帰ってきます。
積極的に面白かったと書いてもいい。
次回があるなら、荷物をたくさんもって行こうと思いました。

ただ、どうせならもっとガチなものが見たいんだよね。今度はドッジボールとかがいい。可愛い女の子たちが球をぶつけ合うとか最高。

ミニライブ
めがねが2曲。ミスマガヲタのみなさんご苦労様でした。
でもこのコーナーはもういらない。
そういえば何で時東は試合には全く出場していなかったんだろう?

決勝。ファンタvsザナ。
ゴレイロからのキックをMANAMIがバックヘッドでザナ先制。スフィアではよくあるゴールシーン。僕はゴレイロからはキックも反対派。大味でつまんないんだもん。まぁでも、そのシーンでちょっと萎えた以外は、とても楽しめた試合だった。後半は追いかけるファンタの方が結構押してたし。
残り1分くらいでのファンタの波状攻撃、それを懸命に防ぐザナって攻防はものすごく見ごたえがあった。
結果ザナが逃げ切り優勝となるも、両チームに拍手をおくりたいいい試合だった。負けたファンタの選手も結構やりとげた感じの表情をしていたし。閉会式で、準優勝なのに何故か喜びの涙を流し始める葵ちゃんの姿がそれを象徴していた。
ザナはやっと客に見せることを考え始めてくれたようだ。AKBの3人はフットサルに関してはほとんどど素人だった。それでも、彼女達をそれなりには出場させてくれていた。決勝ですら。
たとえば決勝のファンタ戦でのそれは、人によっては見ていてあまり印象のよいものではないものだったのかもしれない。
なんせAKBの娘は中盤とかでは何もできないので、ただファンタのゴール前で待っているのだが、ファンタは彼女を完全に無視して3-4で戦ってるかのような布陣をとったりしていた。それはある意味ハンデ戦。
でも、タレントフットサルはそれでいいんじゃないかと思う。単にフットサルが上手いかどうかだけで選手を選ぶような類のものじゃない。その持っている技量が違っても、ピッチ上で同じくらい一生懸命にやる娘であれば、タレントとして人気がある娘をどんどん出場させるべきものだと思う。
選手起用がガチじゃなくても、ピッチに立っている選手がガチでやっていればいい。
9人制ルールなんてしばりを作らなくても、各チームが自らそういう風にやっていけるなら、スフィアリーグにもまだ芽はあるかもしれないと思う。

ってことで、総じて結構楽しめる大会だった。
チーム数を削減したのはやっぱりよかったと思う。多すぎるとやっぱり飽きちゃうし、各チームへの印象も薄まってしまう。
そしてミスマガや南葛といった華やかなチームが善戦しだしていたのも、大会の印象をよくしていた。
内容には多少の不満もあれど、ミニ運動会を企画したり、チアリーディングを呼んだりと色々頑張っていたのも評価したいところ。

次回の開催は未定とのことだ。
はっきりいって客の入りは悪かった。次回があるかどうかは微妙だと思う。
でも客の入り以外については成功した大会だと言ってもいいと思う。
正直、ガッタスはいなくなるし、魅力を感じないチームが強くなるしで、『なくなったらなくなったでいいや』と思っていたんだけれども、なんとか今後も頑張って欲しいなと思った。
そんな風に考えを変えさせてくれる開幕戦だった。

-----------------------------------------------

おまけの雑談

『9人制ルールなんてしばりを作らなくても、各チームが自らそういう風にやっていけるなら、スフィアリーグにもまだ芽はあるかもしれないと思う。』
なんてことを書いたけど、そういえばルールすら守れないチームがいたなぁ。やっぱ駄目か(笑)

あと、今回は物販も頑張ってるチームが多かったそうだ。
伝聞なのは、物販にはまったく顔を出さなかったから。
これまでは物販やってると聞いたら、試合観戦は放棄して物販に行ってたんだけど、スフィアも今日が最後かもしれないしと思って試合観戦に集中してみた。ちゃんと全試合見たので、大会全体の流れを見れた気にはなっているのでよかったかなとは思う。
でもまぁ、物販と試合とを別の時間でやってくれるのが一番嬉しいんだけどね。けど、そうすると物販の方が人が増えすぎて手に負えなくなるだろうし・・・まぁ今の形式で仕方がないんだろう。

決勝戦の時の客席でのこと。
dreamの阿部絵里恵が空いている一般席に一人で座って決勝観戦。
まぁ当然ヲタが寄ってくるわな。普通に行ける席だし
で、そうなったら、普通は鬱陶しくて楽屋に戻るなり関係者席に行くと思うんだが、そこで構わずに観戦を続ける絵里恵嬢。
次から次へと色々くるけど適当に受け流しながらほとんど最後までそこで一人で(あるいはヲタと)見てた。やっぱこの人は感性が凡人とは違う。

まぁ阿部さんは特殊な例だけど、でも、郡司とかは男友達と一緒に一般席で見てるし、他にも客席にふらふらくる選手は多いしで、その辺りのゆるさは相当なものでした。それはそれでウリになるのかな?

とりあえずおしまい。あー、もっと短くすますつもりだったのに。疲れた。
PR



2007/05/06 03:31 | Comments(2) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

運動会のとき、応援の輪から離れて胡座かいてボーッとしてる阿部さんの姿が印象的でした。
posted by 鱸 at 2007/05/08 10:33 [ コメントを修正する ]
あーいう時の阿部さんは、基本的に何も考えていません。
posted by hitachinaka at 2007/05/09 02:20 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<忘れた頃に更新してみる | HOME | ここ最近のイベント色々>>
忍者ブログ[PR]