忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2018/10/19 05:09 |
ここ最近のイベント色々
スフィアに向かう前に、ここ最近のイベント関係を簡単に書き残しておこうと思うのでした。

4/22(日)
下川みくにのワンマンライブ。J-POP CAFE SHIBUYAにて。客は100人程度かな。
久々のワンマンだったのだけれども、相変わらず歌に聴きほれながらまったりできるいいライブだった。2回まわしの2回目ということでか、あるいは会場がややタバコ臭い空間であったからなのか、声の調子はそれほどでもなかったようには思う。でも、それでも聴かせることができる力量をもっている彼女というのは相当なものなのだと改めて思った。今回も『手紙』はたまらないものがあった。あとこの日は『それが愛でしょう』もかなりよかった。
基本的に彼女は客を見て歌うので、人数少ないこともあって何度か見つめられながら歌われてしまう時間がある。そういうときは惚れそうになるよね。
まぁとっくに惚れてるかもしれないが。
気は多いけど。

ライブ後には、抽選で選ばれた10人ほどの客をバックステージご招待という企画があった。前から結構やっている企画。それに今回初めて当たってしまい、かなりドキマギした。何が行われるんだろうとびびってたんだが、まぁ結局は普通のコミニュケーションタイム的なものだった。会場のソファーに一緒に並んで座って、ちょっと話して握手して、ポラをとってっていう。ソファーでのコミニュケーションタイムはちょっとキャバクラちっくでよかったなんて書くと不謹慎なのでやめておきたい。イベント用の机っていう壁がないのは親近感が増していいよねって書き方をしよう。
まぁ書き方はともかく、こういう風に思い出に残る出来事をさせてくれるってのは何よりも嬉しいことである。

今日のサポートメンバーはいつもの松ヶ下さんに、さなだむしの伊藤君、あと、frankっていう女性弦楽器ユニット。
松ヶ下さん、伊藤君も交えた音楽トークとか面白かった。ピアノ使いながらちょっと専門的な作曲の話とかできるって格好よくていいよなぁ。
frankさんは綺麗どころ4人のグループなので、とても華やかでよい。物販で彼女達が直接CD売ってたので、ふらふらと寄っていって買ってしまう。華やかなものに寄っていく習性はきっともう直らない。




4/25(水)
相馬裕子のジョイントライブに行く予定だったが、仕事が忙しくて行けず。久しぶりだったのになぁ。まぁ仕方ないか。声の調子も悪かったそうだし。


4/26(木)
うたばんの井上真央が相変わらずとてつもなく可愛い。土曜のナイナイサイズも(以下同文)。スケジュールが被ってしまったため、『ゲゲゲの鬼太郎』の舞台挨拶に行けなかったことが残念でならない。


4/28(土)
GW初日。まずは渋谷にて映画『あしたの私のつくり方』初日を鑑賞。舞台挨拶目当てであることは言うまでも無い。
が、上映終了後に舞台挨拶だったのだけど、映画だけでも十分に満足できるものだった。予想以上にいい映画だったから。
あーネタバレ書きたい。あまりネタバレじゃないように書くと、最後のヒナの嘘のシーンはたまらなかった。テレビ電話のシーンはどうかな?って気もしたけど。
舞台挨拶は市川準監督に、主演の成海璃子、準主役の前田敦子(AKB)
市川監督はいわずと知れた巨匠だけど、なんか可愛いおっちゃんって感じで面白かった。
成海璃子はいいね。スクリーン上の彼女はものすごくよかった。実物はわりと普通の中学生って感じだったので、まぁ女優としてすごいってことなんだろうと思う。ちょっと頭のかわいそうな客が一人いて(奴を見るのはもう三回目なので何とかして欲しいのだが。まぁ慣れても来たけど)、大声で彼女に声をかけたときに、ドン引きしてる表情がものすごく可愛かった。
一方前田さんは全く動じず、こういう人はよくいるよねって感じ。そこは経験値の差であろう。伊達にAKBヲタに鍛えられてはいないのだ。そんな彼女も当然のように可愛かった。
やー、映画っていいね。



舞台挨拶終わって初台に移動。黒川芽以のライブに参加。一分遅刻したらもう始まってた。どこまで時間厳守なんだ。
いつもの感じのまったりライブを最後尾でまったりと見る。MCでなんか面白いことを言って(面白くないことも多々ある)、それに毎回自分で引き笑いしてる姿とか可愛い。
黒川のライブは、僕が知る限りでは毎回最後に握手会があるものだった。しかし今回はその告知がないままアンコールも終了。『え?ないの?』『いや、あるだろ』って感じで戸惑ってる客の様子が見ていて面白かった。だからライブ終わってもみんな帰ろうとせず戸惑い顔で待っているという。まぁ僕もそんななかの一人だったわけだが。
でも、結局無いらしくそのまま終了。まぁいいけど。次に映画の舞台挨拶の仕事が入ってたみたいだし。けど、ならばライブ時間55分はさすがに短すぎるだろうと思った。4500円もしてるわけだし、持ち歌を歌いつくしたわけでもない。ちょっとどうかなぁという感じはした。



次は秋葉原に移動して長谷部優のトーク&握手イベント。イメージDVDの購入特典である。
しかしこの手のイメージDVDってのはどうも無理なのが多い。BGM流して、収録中の音は消して、ただカメラをぐるぐる回して水着のアイドルを取るだけ・・・これの何が面白いのかまったく理解できない。特に収録音を消してBGM垂れ流されるのには耐えられないんだけどなぁ。何を考えてこういう編集をしてるんだろうか?
このDVDも最初の10分がずっとそうで、途中で力尽きて停止ボタンを押した。後でみたナシゴレンお買い物シーンとかは面白かったので、そういうのメインで作ればいいのに。素材の無駄使いにも程があると思う。

それはそれとして、トークはMCの女の人ががんばってたりして結構面白く、長谷部はいつものように可愛いらしかった。よいこと。
握手はわりと低速。ただ、長谷部との握手は、自分でもびっくりするくらいに高まらなかった。親戚の女の子と話してるくらいな高まりの無さ。
事務的ってわけではないんだけど、なんかすごく降りてきてるのに、バリアーは見えるっていう、その中途半端さが原因のように感じた。芸能界でのポジションそのままな感じのポジショニングというか。ま、それも長谷部優っぽくていいんだけども。好感度低いとかそういうんじゃないし。



と、トリプルヘッダーな一日でありました。1勝1敗1分ってところか。いつかはクワドルプルヘッダー。そんな言葉があるのかは知らない。


4/29(日)
4/30(祝)
ドリヲタと道重ヲタが集まってのゴルフ大会。今回は泊まりで2ラウンド。初日に97とはじめて100をきることができ、2日目もかなり調子が悪かったにもかかわらず102と、かなり成長できたように思える。
なんとなく90は早めにきれそうな気がする。今こそ練習をちゃんとしたいところ。
参加資格は90以下で回れることとかいうアイドルゴルフイベントとかないかなぁ?
鈴木愛理ちゃんあたりでお願いしたい。

宿泊部屋でのDVD鑑賞大会が酷かった。


5/1(火)
セクシーボイスアンドロボが相変わらず素晴らしい。っていうか大後寿々花がすごい。彼女は外見はまるっきり子供なのであんまり褒めると誤解されそうだが、ってか誤解じゃないのかもしれないが、でもやっぱりすごいと思う。
来週は共演が黒川智花。単に演技っていう点から見ると、個人的に評価が高い2トップ。僕にとって夢の共演である。楽しみすぎて困ってしまう。



ふぅ。
PR



2007/05/04 12:45 | Comments(2) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

>ドリヲタと道重ヲタが集まってのゴルフ大会。
そんなメンバーでしたっけ?
posted by mov at 2007/05/05 00:43 [ コメントを修正する ]
ドリヲタは俺だけだったかもしれない。
posted by hitachinaka at 2007/05/06 04:03 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<スフィア開幕戦 | HOME | 夏を先取り舞美ちゃん>>
忍者ブログ[PR]